腰輪踊りの清響
 
 
【解説】 腰輪踊りの清響 清響(せいきょう)−(清らかな響き)

 毎年9月16日三隅八幡宮の秋の祭礼に奉納される、県指定無形民俗文化財。4地区保存会によって交代で行われ、 雨乞い、農耕の無事、家内安全を祈り、花冠をかぶった胴取2名、団扇使い2名、鉦打ち10名によって優雅に舞う姿は、「農村の素朴な願い」の様をよく表したものである。
 
 
三隅町 三隅八幡宮から