通の浦風
 
 
【解説】 通の浦風 浦風(うらかぜ)−(海辺にふく風)

 通では浦風にのって、しらす干しの匂いがやってくる。しらすとは、いわし類の稚魚の総称で体長2センチ程度。色は白で秋が旬。更に乾かすとちりめんじゃこになる。豊かな海の象徴的な風景である。
 
 
長門市 通から