俵山温泉の清月
 
 
【解説】 俵山温泉の清月 清月(せいげつ)−(澄んだ月。清い月)

  延喜16年(916)薬師如来の化身である白猿が発見したと伝えられ、古くから湯治場として知られている。泉質はアルカリ単純泉、アルカリ含有量は日本一。海から離れた山間にあるため空気がよく澄み、温泉街から見上げる月は一段と明瞭に見える。素朴でひなびた風情との調和が旅情をかきたてる。
 
 
長門市 俵山から