遍照寺界隈の足音
 
 
【解説】 遍照寺界隈の足音 足音(あしおと)−(歩く足の音)

 みすゞさんの墓所である遍照寺はみすゞ通りに面して建つ。みすゞさんは報恩講の夜のはしゃいだ心をうたっている。当時は大人も子供も足駄の音をたてながらお参りにやってきたのであろう。今も、遍照寺界隈はその足音が聞こえてくるような、たまらなく懐かし雰囲気を持ち続けている。
 
 
長門市 仙崎から