花津浦の入日
 
 
【解説】 花津浦の入日 入日(いりひ)−(夕暮れに西に沈もうとする太陽。また、その光)

 波の橋立を過ぎて進むと、花津浦とよばれる高さ20m、穴の直径およそ8mの小岩島がある。花津浦とは牛の鼻の先という意味と、愛しい我が子を抱いて朝鮮を眺めた須佐之男命が、離れづらいと言われたためともいう。みすゞさんはこの話をうたい込み、自らも入日に燃える海をみつめ深い郷愁の念を抱いたといわれている。仙崎八景のひとつ。
 
 
長門市 青海島から