女歌舞伎の囃子
 
 
【解説】 女歌舞伎の囃子 囃子(はやし)−(拍子をとり情緒をそえるために伴奏する音楽)

 幕末1851年俵山温泉に大火災があり、翌年藩により再興された時、熊野神社に歌舞伎一座を招いて奉納した。その後この奉納が定着し、明治の後期になると、中村雛勝という女優が夫婦で住み着き、地元の人々に歌舞伎を教えた。やがて「雛勝芝居」という女衆のみに組織がされ、各地で奉納、披露されるようになった。女歌舞伎の囃子は、俵山の歴史が刻み込まれている訳である。
 
 
長門市 俵山から