最近のウォシュレットは小さくなった?

先日TOTOのウォシュレットを最新型のアプリコットに交換したところ、「座る部分が小さくなったのではないですか?」と尋ねられました

どちらもTOTOのエロンゲート規格なので、「小さくなっていません、同じですよ」とお答えしましたが、気になって調べてみました

こちらが以前使用されていたウォシュレットTCF671(1998~)です。

そしてこちらが最新型のアプリコットTCF4713(2017~)です。仕様図で比較してみましょう。

 

幅を比較してみると、図面上の数値では一番奥の幅が410-383=27mm狭いだけですが、仕様図を重ね合わせると、実際に座る部分(点線の部分)は確かに小さくなっています。

 

 

ではなぜ小さくなってしまったのか?側面図を見るとその答えが・・・。

 

座面の断熱性能を向上させる為に座面をフタですっぽりと覆う形式にした為に座面が小さくなってしまった様です。(フタ本体の幅は便器本体に合わせなければはみでてしまうので)

 

ゆったりと座りたい!とおっしゃる方にはパナソニックのアラウーノをおすすめします。


弊社の展示会会場での写真ですが、左側2台がアラウーノ、右側2台がTOTOのアプリコットです。一目でアラウーノの方が座面がゆったりしていると感じられます。(それと同時に便座自体が便器よりわずかに小さくなっている事が分かります)

図面で確認しても先端部分の形状がまったく違うことが分かると思います。(TOTOと同様にフタですっぽりとカバーするので、幅自体は同じですが)

初代アラウーノのデザインは有名なプロダクトデザイナーの深澤直人さんですが、どういった経緯でこんなデザインになったのでしょうか?

実はアラウーノが発売される前にシャワレイントレスというタンクレス便器がありました。「ネオヒップラック便座」という名称で長時間座っても負担がすくないとのふれこみでした。


アラウーノはこのデザインを更に洗練させたものといえるのではないでしょうか?

という事で「なるべく大きな便座に座りたい」とご希望されるお客様にはアラウーノをおすすめします。
2019年05月22日