磁石グッズでシステムバスがもっと便利になります

先日ムシスルーキャビネットの件で紹介した東和産業株式会社さんから磁着シリーズという名前で、磁石でシステムバスの壁の好きな場所へ取り付けられることができる小物が発売されています。


システムバスの壁はほとんどが鋼板製なので、磁石が利用できるのです。

上図は長府製作所さんのシステムバスの壁の仕様です。鋼板の二重構造に断熱用のウレタンが充填してあります。

普通のシステムバスの壁は鋼板1枚に石膏ボードを張り付けてあります。

磁着シリーズで特に便利だと思うのはこちらのシャワーホルダーです。

 

シャワーフックは通常2箇所に付いていますが、なかなか標準の位置ではしっくりこないという方も多いはずです。そんなときにはこの製品が役立ちます。

小さいお子様やペットを洗うときにも便利そうです。角度調整ができればいうことありませんけど。

 

 

こんな化粧鏡や

タオルハンガー

バスポケットもあります。

必要なものはひととおり揃っています。取外しが簡単なので、掃除にこだわる方はシステムバスを発注する際に収納等は全てレスオプションにして、好きなところへ後からこういった小物を取り付けるようにしてしまえば、掃除をするとき全て外してしまえるので便利かもしれません。

 

タカラスタンダードさんからも同様な商品が発売されています。
値段は少々お高いですが、よりバリエーションが豊富です。

こういった商品が使用できるのも、壁の下地が鋼板だからなのですが、浴室だけ?と聞かれると、タカラスタンダードさんには通常のメラミン製のキッチンパネルの代わりにホーロー製のキッチンパネルが有り、こちらも様々な小物が脱着可能になっています。

 

2019年06月26日